1. HOME
  2. 勝ブランド
  3. 岡山県立大学様との勝ブランド商品共同研究スタート

勝央トピックス

TOPICS

勝ブランド

岡山県立大学様との勝ブランド商品共同研究スタート

昨年度のシンボルマーク・ロゴタイプの共同開発に続き、今年度も『岡山県立大学』様と勝ブランド商品の共同開発を行うことになり、勝央町のことを深く知ってもらうため、総社市より教授とゼミ生4名に来町いただき、町内フィールドワークを開催いたしました!

まずは『勝央こころざしシェアスペース』から出発し、勝央町役場にて副町長にご挨拶し、応援のお言葉をいただき町内に出発です。

午前中は町内の縁起スポットを廻り、勝間田神社 〜 勝間田駅 〜 東光寺の『油地蔵』と訪れ、それぞれ縁起のいわれやスポットの説明と、実際に願い事を祈願して参拝してもらいました。

就職活動と卒業制作を控える4年生のみなさんですので、ご利益があることを祈っております

お昼ご飯は、本日のために特別に作っていただいた、「あかりあん」さんの勝央町の食材たっぷりのお弁当です。
黒豆の味は若い世代には少し珍しいようで、一品一品を丁寧に確かめながら味わっていました。

お昼からは「田中営農組合」さまの作業場を見学していただき、「かわら小町会」さまも合流し、両事業者の商品を紹介させていただきました。

そして北部の「美野平野」「どんどん市場」など車窓から見学しつつ、「おかやまファーマーズマーケット・ノースヴィレッジ」にて、近隣地域のお土産品や勝間田焼きなどたくさんの商品をみてもらいます。

最後は、廻りきれなかった町内の他商品を紹介し、実際に見て知って感じたことを元に、商品企画ワークを実施しました。

待ってました!と言わんばかりに、次から次にアイデアを出し合し、企画が詰まってゆく様子がとても印象的で、これがモノづくりの楽しみの1つなのだなと、今後の共同開発がとても楽しみになりました。

年内完成に向け動き始めたプロジェクト、これからの動きを楽しみにお待ちください!

関連記事